筑波8時間耐久レースinスプリング13th 参戦記

スポンサーリンク

5/3に茨城県筑波サーキットで開催された
筑波8時間耐久レースinスプリング13th に参加してきた
今回はキヨシーズと顎紐組・マネージャーの方々という
総勢16名での参加
チームは2チーム12名
キヨシーズと顎紐組のコラボレーション
・顎紐キヨシーズ組(ナリタ、ヒロシ、ハラ、まどか、いおり、まゆみ)
キヨシーズ初期メンバー中心
・元祖キヨシーズ(タケ、イワ、トオル、山ちゃん、イワヤン、コヤマ)
[出走まで]
5/3 5:00に家を出発
生田に住むイワヤンをピックアップに行く
5:40に生田を出発
東名川崎IC→首都高→常磐道守谷SAを目指す
東名川崎から東名高速に乗ると大渋滞
確かに帰省渋滞が発生するTVで言ってたが
こんなに朝早くから渋滞が発生するとは…
首都高も渋滞
常磐道も渋滞
守谷SAに7:00集合だったのに
通過したときには8:50
1:50遅れ!!
レースは10:00スタートなのに
結局筑波サーキットに到着したのが10:30くらい
早速、みんなの集まる場所に行くと
すでに第2ライダーが出走していた
[1st ライド]
到着から2時間後に最初の順番が回ってきた
ピットに行き前走者のイワヤンからバトンタッチ
コースに出て乗るべき列車(自転車の列)を探す
しかし、なかなか見つからないので単独走
4周目くらいに列車に乗るが
2周回ってチギれる
その後2周走ってピットイン
ほとんど単独走だったのでかなり体力を消耗
マネージャーの方々がたくさんの料理を作ってもらったが
走り終わった直後は食べられない…
でも20分もすると腹が減ってきて
料理を食べる食べる食べる
「すごく美味しい!!」
食べているときは幸せ
[2nd ライド]
1stライドから2時間半後
2ndライドが回ってきた
今回はコースに出た直後から快適な列車に乗れ
先頭に出たり乗り継ぎを繰り返して
快適な走り
この回は9周回ってピットイン
スピードは1stライドよりも速かったが
体力はあまり消耗せず
走り終わった直後から料理を食べまくる
豚汁、豚の角煮などなど
消費した以上のエネルギーを蓄えたかも
[3rd ライド]
最後はアンカーとして出走
この回は半分単独走、半分列車って感じ
苦しみながらも
「これが最後!!」と自分に言い聞かせ走る
ホームストレートでピットやスタンドから声援が聞こえるが
それに反応して手を振り返したりすることができない
(たぶん感じ悪いんだろうなぁ。申し訳ないです。)
視界には前の自転車の後輪しか見えていない
必死に走って気がつくとチェッカーフラッグが振られていた
「終わった…」
もう1人のアンカー・ナリタがゴール通過後追いつく
その後ウイニングランをして終了
[その後]
素早く片付けを済ませ
みんなで温泉へ行き疲れを癒す
筑波学園都市に移動し焼肉で打ち上げ
その日はみんなで宿泊
(イワヤンは都合により終電で帰宅)
翌日は山ちゃんプロデュースの陶芸
非常に楽しい2日間でした
次回レースは5/13 エクストリームシリーズ奥多摩大会
キヨシーズ、顎紐組・マネージャーの方々へ
2日間、本当におつかれさまでした。
美味しい料理ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました