ADVENTURE in Fujimi Championship-2参戦記

スポンサーリンク

本日、ADVENTURE in Fujimi Championship-2に参戦したきた
前日は仕事だったため、深夜12時に川崎を出発
富士見パノラマに4時に到着
天気は雲は若干あるものの快晴
しかし、気温が低すぎる!!
なんと4℃
今日の装備は夏仕様であったため、ホントに寒い
とりあえず5時30分の当日受付開始まで睡眠
5時40分に受付を済ませ、レースの用意にとりかかる
今回ももちろんトレードマークになりつつある「銀ヘル
なんだかんだしているうちに、7時になったので急いでスタート地点へ
スタート前にストレッチをしたが寒くて震えた
スタートはほぼ最後尾から
スタートから約5kmは舗装路、でも舗装路後半部分はけっこうな上り
みんなギアを軽くしてペダルを廻していた
舗装路が終わるといよいよガレ場が始まる
ガレ場に入った瞬間、「また来てしまった!!」と思う
約17km地点までずーっと上り、その後平坦とちょっと上って19km地点から舗装路の下り
ガレ場の上りは非常にキツく、途中の結構な勾配の上りで自転車を降りて押してしまった。。。
上りの終わりの付近は強風が吹きすごく寒かった
そこからはペダリングを回転重視型からトルク重視型に変えてガンガンこぎまくる
しかし、どんどん足に疲労が蓄積
下りでもこいでいると唯一の関門の大阿原に到着
ここから山頂のMTBコース開始
前回とは逆周りの時計回りでコースを廻る
途中から草が茂るトレイルに突入
そのトレイルのちょっとした上りで両足がつる
太もも&ふくらはぎがつる
でも痛みに耐えながら、ペダリング続行
そのうちに痛みが治まる
40km地点にエゲツない勾配の上りがあり
またまた自転車を押す
その劇坂を越えるといよいよダウンヒルコース開始
このレースの最大の特徴
クロスカントリーレースなのに最後に富士見パノラマのダウンヒルCコースを通らなくてはならないというコース
ダウンヒルCコースは約6km
始まって早々にダウンヒルの振動で腕が辛くなる
自分でも自覚できるくらい速度が遅い
このレースで一番辛かったのはこのダウンヒルコース
転ぶのが怖くて攻めることができず…
結局、上りで抜かした人に、抜き返されてしまう
このダウンヒル区間で10人以上に道を譲った
先に行ってもらい後ろから付いて行こうと思った次の瞬間には、視界からライダーがいなくなっている
長くて辛いダウンヒルを終え
富士見パノラマスキー場のゲレンデを少し上り
シングルトラックを通ってゴールイン
結果として目標としていた4時間をきることはできた(順位不明)
しかし、ダウンヒルの弱さが顕著に現れた
今後の課題もわかった有意義なレースだった
どうすればダウンヒルに強くなれるのだろう
ゴールのときに里山アドトレキャンで知り合った顎紐組のいおっこさんと同僚の方が応援してくれてすごく嬉しかった
差し入れもいただき、ホント感謝感謝です
すごく楽しいレース後のひとときでした
ありがとうございました!!

次回のレースは11月中旬の「ADVENTURETRIAL AZUMINO2DAYS 3rd」を予定

タイトルとURLをコピーしました