どびんちゃんラリー 参戦記

スポンサーリンク

ついに念願のとれとれに参加してきました
初とれとれ
【どびんちゃんラリー】
開催地は大学時代に4年間住んでいた上田市周辺
1泊2日のイベント
とれとれについてはココを見てください
[1日目]
当初、スミさん、まどかさんと3人での参加予定だったが
まどかさんが都合により参加できず
スミさんと上田を目指す
集合場所はまさに住んでいた場所の近く
受付時間の1時間以上前に到着
まだ誰も着てないなあ
仮眠して起きると
人が集まっていた
着替えて受付に行くと
アドベンチャーレースで見かけた方々が多数
1日目は【上田スイーツ】
チームに分かれて上田市内のスイーツを買ってくるというもの
ピンクチームに配属になり店を決めるくじ引き
2件とも上田ICの近く
みんなでサイクリング気分で走る
途中でいい感じの蕎麦屋を発見!!
旧家を改造したパン屋でパンを買って
蕎麦屋に戻り蕎麦を食す
その後、もう1軒のスイーツを買い
スタート地点に戻る
各チームで買ってきたスイーツを集めて
等分に分けて各チームに振り分けられる
その量は”ものすごく多い!!”
昼に蕎麦を食べて
間髪入れずに大量のスイーツ
甘いものは大好きだけど、参りました
みんなも相当参ってる
スイーツ食べる会が終わると
各自、宿へ移動
宿は田沢温泉「ますや旅館」
温泉卓球発祥の地
佇まいもかなり渋い
廊下は傾いてるし歩くと軋む
でも趣がある
早速風呂に入ると
続々とみんな入ってくる
露天風呂にみんな大集合
7、8人が適当な露天風呂に
なんと【17人!?】
超過密
一般のお客さんからは奇異の眼差し
風呂を出て夕食を食べ
スリッパ温泉卓球を楽しみ
就寝
1日中笑いっぱなし
楽しい!!
[2日目]
いよいよとれとれ
道の駅あおきに集合
受付で地図をもらい
ルートを考える
地図はアドベンチャーレースで見慣れた1/25000
ポイントは基本的には道の上にある
”これなら大丈夫だな”と密かに思う
しかし、これが大間違いだった・・・
ブリーフィングをしてスタート
CP1へは集団について行って到着
QP2も難なくゲット
黄色いテープに
「ラ」って書いてあったので
これを覚える
そこからシングルトラックをダーっと下る
シングルトラックを下る途中で
平行に走るシングルトラックに乗り換えるのだが
気持ち良く下りすぎてオーバーラン
なんとかシングルトラックを乗り換えて
さらに下る
一旦アスファルト道に出て
再びシングルトラックへ
ここも気持ちよく下り
少し走ってCP4に到着
CP4でチェックを受け
スタッフ「じゃあ、答えは?」
たけぷー「ラ」
スタッフ「えっ!?他には・・・?」
たけぷー”ほかにあったかなぁ????”
そういえば黄色いテープに○に「ド」って書いてあった!!
たけぷー「ド」
スタッフ「ド?どら焼き?」
たけぷー”!?あぁぁぁぁぁ~”
QP3を素通りしいた!!
しかもQP2は「ラ」ではなく「う」だった!!
戻ってQP3を取り直すか
ペナルティ1時間を受けて先へ進むか
どちらにするか悩んだが
こーいっつぁんの一言で
先へ進むことを決意
QP5に向けて進むが
山に入ったところで完全にロスト
尾根に上がれば道があるはずと思い
MTBを担いで直登
尾根上に出ると薄い道があった
でも現在位置が分からず
踏み跡もないのでコースでないことは一目瞭然
不安に駆られながらも方角を頼りに進むと
正規ルートを発見!!
気分を良くしてQP5を目指す
QP5の手前の不明瞭な部分もクリアして
再びシングルトラックの下りを飛ばす
”あっ!!QP5を忘れた!!”
上り返すのにはMTBは荷物なので
MTBを置いて上り返しQP5を発見
その後若干迷いながらも
ポイントを取り
制限時間15分くらい前にCP11を通過
これで全ポイントが廻れると安心したのも束の間
最後のポイントQP12への道の入口が発見できず
道の無い森を上る
運良く道を発見しQP12をゲットし
上り返しのある尾根道を下って
アリベに到着
おつかれさまでした
各種表彰の後
主催者のあくびちゃんが
「本日とれとれ初参加の人~」と言ったので
手を挙げて周りをみると
スミさんと自分の2人だけ
初参加賞としてステッカーを頂きました
その後、青木村の温泉に入って
上田の草笛でそばを食べて帰宅
非常に楽しいとれとれの旅でした
[所感]
今回初参加のとれとれでしたが
非常に楽しかったです
アドベンチャーレースでも
上位に入るベテランの方々が多数参加していて
とれとれファミリーって感じでした
個人戦だから必然的に地図読みして
しかもバイクライドも上達する
そして楽しい!!
とれとれにもっと早くから参加していればと
悔やまれます
今シーズンのとれとれはもうすぐ終了とのことなので
来シーズン、ぜひ再び参加したいと思います
参加者のみなさん、おつかれさまでした
スタッフの方々、ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました