BRM810大津1000km参戦記(その2)

スポンサーリンク

[PC1~PC2(舞鶴)]
PC1を15:00頃スタート
するとすぐに軽い上りが続く
ダラダラ上りを上りきると福井県に突入
今度は下り
下りきったところが敦賀市街
ここで進路を北から西に変更
しばらく行くと海に出る
“ついに日本海に来たぁー!!”
ここからは日本海沿いを走る
小浜市を通過し国道27号を舞鶴に向けて疾走
しかし途中トンネルをいくつか通過したが
路側帯が狭くトラックに当たりそうになる
舞鶴市街に入り海上自衛隊の地方総監部前を通過
すぐにPC2に到着
この時点で3時間程度の貯金
到着すると数人の方がくつろいでいた
自衛隊近くのコンビニなので制服姿の自衛官が買い物に来ていた
牛丼を買い、時間をかけながら食べる
[PC2~PC3(丹後)]
PC2に30分くらい滞在しゆっくりとスタート
次のPCまでは90km弱
スタート後すぐに地元の細い道を通過する
夜で街灯もない道なので真っ暗
でもなぜか気持ちは高ぶっていた
“すごく楽しい!!”
しばらく行くと大きな道に合流
日本三景の天橋立方面を目指す
道は平坦で走りやすい
天橋立を通過する際に
“せっかく来たのだから見に行ってみよう”と思い
少し寄り道
しかしすでに時間は23:00
もちろん何も見えず
写真を撮ってコースへ復帰
快調に走る
やはり夜になると調子が格段に上がる
しばらく行くと先行していたヤナギサワさんと合流
天橋立をちょっといった所のコンビ二で休憩&食料補給
実はこの先PC3を含めPC4付近まで約140kmほどコンビ二がない
なのでここでちゃんと補給するよう事前に注意されていた
休憩もそこそこに出発
交通量の少ない夜の道を走る
小さい集落を通過し交差点を曲がろうとしたとき
先行していた2人の方が止まって話をしていた
聞くとこの先の道が崩落し迂回するよう
主催者のリキューさんから電話があったとのこと
“PCまであと30kmくらいなのにー”
迂回路を相談していると大集団が引き返してきた
総勢8人程度、崩落地点まで行ってしまった方もいた
崩落地点はPC10数km手前らしい
ということは自分よりも40kmも余分に走ってる!?
しかもテンションが高い!!
大集団と一緒に15kmほど引き返す
みなさん本当に速い
ちょっと厳しいと思いみんなを見送り休憩
再スタートすると自販機前で大集団が休憩していた
自分は休憩明けなのでマイペースで進む
本来のコースの途中から山の中へ向けて迂回路を走る
街灯もなく周囲は真っ暗、しかも単独走
心細いが構わずペダリング
迂回路を通りPC3に到着
PC3にはリキューさんが待っていた
すでに1人の方(実はAJ副会長)が到着していて仮眠していた
10分くらい後に大集団が到着
リキューさんが用意してくれた食料を食べ自分も仮眠
寒さで目が覚め出発の用意
ここでは1時間以上休憩した
つづく

タイトルとURLをコピーしました