400キロ先のゴールへ!!沖縄本島一周サバイバルラン2015

400キロ先のゴールへ!!沖縄本島一周サバイバルラン2015
スポンサーリンク

2015年11月20-24日に沖縄で開催された本島1周サバイバルランに参加してきました。

結果は80km地点でのリタイア。

不完全燃焼で終わりました。

粘れなかった沖縄サバイバルラン

リタイアの理由は3つ

  1. 早い時期から胃腸不良による吐き気
  2. シューズが合わないことによる足指4本の爪下に血豆
  3. 上記2点による気持ち折れ

恥ずかしいのは、「シューズが合わない」という、ものすごく初歩的で致命的なミスをおかしたことです。

投入したシューズは大会までに20km×2回と普段の練習2回くらい使用して普通だったため安心していました。

しかし、30km過ぎから足指先に違和感。

70kmあたりで痛みが出てきて靴を脱いで確認すると、4本の指先爪下に血豆ができていて爪が浮いていました。

痛みと向き合いながら80kmまで進みましたが、残り320kmを考えたときに、気持ちが折れました…。

今考えると、「何故、シューズを少し切ったり等の改善手段を取らなかったのか」が悔やまれます。

リタイア後

リタイア後は那覇まで戻り、ホテルで2泊した後、原付バイクをレンタルしてコース(400km)を1周しました。

全コースを回って、80km地点までは序の口。

160km地点からが本当の正念場でアップダウンがものすごい!

感じとしては距離にして1km上り、1km下りみたいな道路が延々70kmくらい続きます。

沖縄本島1周サバイバルランの所感

沖縄本島1周サバイバルラン
距離400km
制限時間72時間

距離は川の道フットレース(520km)よりも短いけど、制限時間は非常にタイト。

何よりもコースのアップダウンが非常に厳しい。

だけど挑戦しがいのある大会だと感じました。

リタイアした悔しさは、完走することでしか晴らせませ。

またリベンジします。

ちなみに今年の大会は

出走42人
完走10人
完走率24%

全国からウルトラマラソンの猛者が集まってこの完走率。

すごい大会です。

タイトルとURLをコピーしました