Drifter’s Mountain Marathon 2022 参戦記

DMM参戦記

神奈川県愛川町で開催されたDrifter’s Mountain Marathon (略称:DMM) 2022に参加。愛川町の山々を駆け回り、結果として580点でトップになることができました。今回はレースについてと装備一覧です。

DMMについて

DMMとは

戸越銀座にあるクラフトビールと山道具のお店「Drifter’s Stand」が主催のプライベートロゲイニング大会です。コースクリエイターは、アドベンチャーレースに積極的に参加するチーム「冒険中毒」のナオキングさん。

開催地:神奈川県愛川町
制限時間:6時間
地図:A3 25000分の1地形図
ポイント数:29個

参加者

基本的にはDrifter’s Standのお客さんで、地図読みスポーツやロゲイニングが初めての方もいました。みなさん、それぞれのスタイルでDMMを楽しんでいました。参加者は約35人、17チームでした。私は、1人で申込み、主催者側でパートナーをマッチングしてもらいました。100マイラーのペンちゃんとマッチングしてもらい、一緒にDMMを楽しみました。マッチングという仕組みがあるのも嬉しいですね。

コース

愛川町にある、仏果山・経ヶ岳の山域をメインとしたエリアでした。最高標高で約700mくらいですが、急峻な斜面もあり、ある程度パワーが必要でした。ポイントの位置については、さすがアドベンチャーレーサーのナオキングさん、初心者でも楽しめるポイントからOMMに匹敵する上級者がしびれるような場所まで多彩な位置についていて、地図読みの楽しさを存分に味わうことができました。

レース

スタート前

スタート20分前に地図が配られます。地図をザっと見回してボリュームゾーン(高得点の地域)を探します。今回は西側の山岳エリアに高得点が集まっているので、そこを中心にルートを検討しました。山岳エリアなのでアップダウンも激しく、どのくらいの速度で進めるかも読みにくいので、最初に理想的なルートを考えつつも、残り時間を考慮しながら途中で修正していきます。

レース中