Backyard Ultra Last Samurai Standing 2021 上野村 参戦記

スポンサーリンク

群馬県上野村で開催されたBackyard Ultra Last Samurai Standing 2021に参加しました。結果は36時間(約241キロ)でリタイア。今回はその参戦記です。

2020年11月、群馬県上野村で開催されたバックヤードウルトラの大会「Backyard Ultra Last Samurai Standing 2021 上野村」。私自身としては4回目のバックヤードウルトラでした。

バックヤードウルトラ

一緒に走ったゼッケン一緒に走ったゼッケン

バックヤードウルトラは他のどんなマラソンとも異なるウルトラマラソンです。ルールは、1時間に6.7キロを走り、何時間続けられるのかを競います。走れなくなったら終了(リタイア)。最後の1人が完走者となる、サバイバルマラソンです。
日本では2020年から開催されていて、今回のバックヤードウルトラは、全国5ヶ所で同時開催。私の参加した群馬県上野村は、全舗装路で累積標高も少ない、記録の狙える会場でした。1周3.3キロのコースを毎時間2周します。これを延々と。。。

レース

ゆっくりと走り出す猛者たちゆっくりと走り出す猛者たち

4度目なのでレース展開はある程度わかっていました。今回は、アドベンチャーレース仲間のまめさん(@mame.32 )にサポートをお願いして万全の体制。まめさんは、1回目のバックヤードウルトラのときにもサポートしてもらっていたので、今回もとても心強く、完璧なサポートでした。

11/20 15:00にスタート。スタートから50mは歩き、位置取りは常に後方を心がけました。これは、長丁場のレースなので、ペースを抑えるため。気持ち良いペースで走りたくなる気持ちをグッとこらえます。歩けるところは歩き、体力と足への負担を減らします。「いよいよレースがはじまった!」

10時間67キロ、足に少しずつ疲労を感じます。休憩中に足が固まり、走り出しが重い。足がほぐれるまで、約1キロかかる感じでした。しかし、まだまだ走れます。「ペースを上げたくなるけど、抑えて抑えて」

15時間100キロ、節目となる距離ですが、目標に向けた通過点なので淡々と走ります。「まだまだこれから、足にダメージを与えないよう走ろう」

24時間160キロ(100マイル)、スタートから丸1日が経過。ここまでは序盤、これからレース開始。だからといって、ペースは変わりません。「ここからいよいよバックヤードウルトラがはじまる」

30時間200キロ、私にとっての節目の距離。ここまで、しっかりとペースを抑え、補給もたくさん取れていたので、とても順調で、まだまだ走れました。「まだまだ走るぞ!気持ちで負けない」

しかし、30時間を超えたあたりから変化が。走っていてもペースが上がりません。体感的には1キロ6分30秒でも実際には7分ペース。そのため、今まで歩いていた区間を走ることになってきました。歩くことで温存していた体力の消耗が早くなり、体感的運動強度が増してきます。すると、今度は胃腸の具合が徐々に悪くなってきました。食欲もなくなり、補給も少なくなります。「足は痛いし、眠い、だけど1歩1歩前進だ」

34時間、ついに胃腸が悲鳴をあげ、途中で立ち止まり、戻してしまいました。立ち止まるとそこでレース終了なので、それでも走って前進し、周回を重ねていきます。その後、35,36時間と走り、持ち直したかと感じました。「戻してしまったが、まだいける!」

37時間目の周回。スタートから1キロ、再び戻してしまい、心が折れて走れなくなってしまいました。「さっきまで走れていたのに、なぜ足が前に出ないんだ。。。」その後は、歩いて進み、スタート地点に戻ったところでリタイアを申告、DNFとなりました。

こうして私のバックヤードウルトラ上野村は終わりました。36時間走りつづけたことは、私にとって大きな進歩で、新たな自信に繋がります!今回の経験をこれから活かして、次の挑戦に向けて頑張ります!!
参加するにあたって何を心掛けたのかを3つ紹介します。紹介する内容は、マラソンをするにあたっても何か気付きがあるかもしれません。

心掛けたこと

バックヤードウルトラへ参加するにあたって心掛けたことは以下の3点です。
1.ペースを上げない
2.食べ続ける
3.大きな目標を決めない

1.ペースを上げない

ランニングすると気持ちいいペースで走りたくなります。しかし、バックヤードウルトラはとても長丁場のレースなので、なるべく疲労を溜めないように走ることが重要です。ペースを上げず、疲労をためないよう心掛けました。しかし、30時間を超えてから、速く走ってしまった周回もあったため、リタイアの時間を早めてしまったかもしれません。。。反省💦

2.食べ続ける

長距離を走るため、エネルギー補給は欠かせません。エネルギーを枯渇させないために、食べ続けることも心掛けました。スタートから6時間くらいは、何も食べなくても正直走れます。しかし、それをしてしまうと、その後のエネルギー切れによる失速があります。そのため、最初の周回の休憩から積極的に食べました。カップラーメン、そうめん、お餅、フルーツ、経口補水液などなど。ジェルとかではなく、普通の食べ物を食べました。それでも途中でお腹が空いた周回があり、休憩で大量に食べたら、次の周回においてものすごい睡魔に襲われた失敗もありました。。。

3.大きな目標を決めない

PBでました新幹線でいえば東京~浜松くらい走りました

普通のマラソンであれば、必ずゴールがあります。だいたいはそのゴールを基準に目標を設定したりすると思います。しかし、バックヤードウルトラには明確なゴールが設定されていません。より長く走るためには、大きな目標を決めないことが実は大切だったりします。例えば、15時間(100キロ)を目標として走ったとします。そして15時間を無事に超えたとします。するとどうなるかというと、目標を達成した安堵感からなのか走る気力がなくなったり、痛みが顕著に出たりして、リタイアする可能性が高まってしまうんです。「100キロを超えたら100マイル(160キロ)を目標に走ればいいのでは?」と思うかもしれません。しかし、目標の上方修正は、とても難しいです。100キロ走ったことで「100キロ走れたから、もういいかな」って少なからず思ってしまうんです。ここから、さらに60キロ先を目標にするのは本当に難しい。そのため、私はより長く限界近くまで走りたかったので、こういった目標を立てず、目の前の周回に集中するよう心掛けました。

私は大きく上記の3つを心掛けて走っていました。とくに3つ目は、かなり特殊で、バックヤードウルトラならではの心掛けです。しかし、参加した人なら絶対に「あー、そうそう」って共感してくれるかと思います。

もし、今後バックヤードウルトラに参加したい方がいれば、少し役に立つかもしれません。また、ウルトラマラソンに参加する方には1,2あたりは役立つかもしれません。ウルトラマラソンは長丁場のレースなので、食べながらマイペースに進むのが大切なんです。

飲食したもの

持って行った食料持って行った食料

今回食べたり飲んだりしたもの以下に紹介します。数字は摂った回数です。

飲食物回数
温かい経口補水液15
リンゴ11
板ガム11
レッドブル8
消化酵素7
ポテトチップス6
バナナ4
そうめん茶漬け3
ミニうどん3
ミニカップラーメン3
メガシャキ3
イモ2
ガシンサン2
キャラメル2
クリミール2
グルタミン2
コーラグミ2
ジンジン2
プリン2
みかん缶2
リッツ2
塩熱サプリ2
半ごはんお茶漬け2
オールレーズン1
おにぎり1
お湯1
カレーメシ1
コーヒー1
コーラ1
ジンジャーシロップお湯割り1
チキンラーメン1
チリトマトラーメン1
パン11
フルーツ缶1
フルーツ缶シロップ1
ミニそば1
ミニチキンラーメン1
ミニチリトマトラーメン1
ミニどん兵衛1
もちスープ1
もち入りコンソメスープ1
もち入りトマトスープ1
ももゼリーミニ1
レーズンパン+マヨネーズ1
塩タブ1
黒糖1
酸素缶1
薄皮パン1
1

使ってよかったもの

今回のバックヤードウルトラで使ってよかったものを2つあげます。

ガーニーグー

噂のガーニーグー

これは擦れ防止クリームです。足のマメ、股ズレなど摩擦による怪我を防止する効果があります。私はウルトラマラソンやアドベンチャーレースに参加する際には毎回必ず使用しています。今回もガーニーグーを使用したため、マメや股ズレはなく、走ることに集中することができました。

マッサージガン

マッサージガンは強烈な振動で身体をほぐしていく機器です。バックヤードウルトラにおいてその効果は絶大で、過去にバックヤードウルトラに参加したことがある選手のほとんどが利用しています。レースで張りを感じた部位をマッサージガンで休憩中にほぐすことでさらに走ることができます。サポートを付けず1人で参加する選手には必需品です。

私が使用したマッサージガン

本州縦断のときもマッサージガンを持参していて、ずっとザックに入れていました。小型でUSB-Cで充電できるので携帯に便利です。

 レース中記録

サポートのまめさんがレース中に飲食したもの、レース中の私の状況を毎周回記録してくれました。その記録が以下の表になります。

周回スタート距離LAP TIME飲食物メモ
115:006.746’35バナナ 1/3
ポテトチップス
オールレーズン 1
クリミール
塩タブ
お湯
スタート前
お湯(ひと口)
216:0013.450’15ポテトチップス
バナナ 1/3
黒糖
板ガム
温かい経口補水液
トイレ
317:0020.147’43リッツ 4枚
ミニカップラーメン
グルタミン
消化酵素
温かい経口補水液
トイレ
418:0026.847’24もちスープ(もちなし)
リッツ
塩熱サプリ
温かい経口補水液
トイレ(グローブ忘れ)
マッサージガン(ふくらはぎ)
519:0033.547’18もち入りトマトスープ
キャラメル
温かい経口補水液
トイレ
マッサージガン(ふくらはぎ)
タイツ履き替え
620:0040.246’38もち入りコンソメスープ
ポテトチップス
温かい経口補水液
トイレ
車で横になる
マッサージガン(ふくらはぎ)
左脚膝裏痛み マッサージ
721:0046.946’50ミニカップラーメン(カレー)
塩熱サプリ
キャラメル
トイレ
車で横になる
マッサージ(足裏、ふくらはぎ)
822:0053.647’08薄皮パン
温かい経口補水液
トイレ
ライト電池切れ 交換
マッサージガン(内もも)
マッサージ(足裏、ふくらはぎ)
923:0060.446’54そうめん茶漬け
板ガム
マッサージガン(左ハムストリング、内もも)
マッサージ(足裏、ふくらはぎ)
眠くなってきた
100:0067.146’19チキンラーメン
リンゴ
板ガム
トイレ
右足首に違和感 マッサージ
あたたまるまでの最初の10分がきつい
111:0073.846’21半ごはんお茶漬け
リンゴ
板ガム
温かい経口補水液
トイレ
マッサージ
どうしても早くなってしまう
122:0080.546’02ミニうどん
板ガム
温かい経口補水液
トイレ
ガーニーグー
マッサージガン(内もも)
133:0087.246’56半ごはんお茶漬け
温かい経口補水液
トイレ
マッサージ
マッサージガン
144:0093.942’38ミニうどん
ポテトチップス
板ガム
温かい経口補水
レッドブル
ガムを忘れて眠い
マッサージ
マッサージガン
とばしすぎ(走れる)
155:00100.645’23カレーメシ 2/3
クリミール
板ガム
温かい経口補水
レッドブル
100km超
マッサージ
マッサージガン
ライト電池切れ
166:00107.345’07ミニそば
リンゴ
みかん缶(ひと口)
レッドブル
温かい経口補水
ウッチーさん応援
マッサージ
マッサージガン
177:00114.044’22そうめん茶漬け
レッドブル
板ガム
あすか来る
歯みがきTime
188:00120.747’40ミニカレーヌードル
レッドブル
プリン
リンゴ
消化酵素
温かい経口補水
大澤さんのYouTubeを聴きながら走る
199:00127.446’11ミニうどん
リンゴ
温かい経口補水
レッドブル
消化酵素
走りはじめ…「足痛い」
よくしゃべる
服を変身
2010:00134.145’51パン1
リンゴ
バナナ
みかん缶(ひと口)
温かい経口補水
レッドブル
消化酵素
トイレ
2111:00140.847’25ミニどん兵衛
コーラグミ 1
フルーツ缶
消化酵素
トイレ
股関節痛
2212:00147.545’46ミニチキンラーメン
コーラ
ポテトチップス
トイレ
股関節痛
2313:00154.246’10リンゴ
ポテトチップス 3
コーラグミ 1
トイレ
2414:00160.9 リンゴ
バナナ 1/3
ももゼリーミニ
調子があがってきた
何人かDNF
2515:00167.745’54ミニチリトマトラーメン
グルタミン
 
2616:00174.4  お車改装 増築
2717:00181.148’56チリトマトラーメン(残り)
板ガム
消化酵素
あすか帰宅
ライト使用
2818:00187.847’24おにぎり 1
レッドブル
プリン
トイレ
次から寝る予定
2919:00194.548’28リンゴ
少し気持ち悪くなりそう
3020:00201.245’53そうめん茶漬け
フルーツ缶シロップ
メガシャキ
板ガム
消化酵素
眠い
食べすぎた
ペース速すぎ
3121:00207.950’57メガシャキ
イモ
板ガム
ジンジン(生姜あめ)
眠い
吐きそう
3222:00214.647’26リンゴ
ガシンサン
眠くなるので糖質とりたくない
倉井さんと並走でいい感じ
3323:00221.340’XXリンゴ眠くて飛ばした!!
340:00228.048’50メガシャキ
ガシンサン
コーヒー(微糖)
ライトの電池1周目で切れて
倉井さんと並走
351:00234.749’15イモ
レーズンパン+マヨネーズ
酸素缶
ジンジン(生姜あめ) NG
吐いた
ライトチェンジ
脚に余裕なし
他の人も眠くてフラフラ
362:00241.450’53ジンジャーシロップお湯割り 
373:00  1周30分オーバー DNF吐いた

上記の表をPDFファイルをダウンロードできます。こちらから。

猛者たち

ラスト2 左:倉井選手 右:芝脇選手

最後に今回のバックヤードウルトラ上野村には多くのウルトラ猛者が参加していました。その中でも最後に残った2人の選手が群を抜いて強かったです。その選手は倉井さんと芝脇さん。倉井さんは、本州縦断1550キロを2位で終えた超ウルトラマラソンでは相当な実力派、しかも履いているのはそのあたりの量販店で売っているサンダルです。芝脇さんは、今回のバックヤードウルトラではズームフライ3を履いていて、ほとんどの周回が40分以下という驚異的なスピードで走られていました。

大会本部におかれたラスト2の周回チェック用バンド

この2人が最後に残ったのですが、その戦いは45時間(約300km)で終わりました。300km走っても両者まだまだ走れる体力があったのですが、300kmを走り終えて戻ってきたときに2人ともリタイアを申し出て大会終了となりました。2人とも「もう永遠に終わらないよ」とのこと。そして上野村のバックヤードウルトラは勝者なしという結末となりました。

Instagram

バックヤードウルトラに関する内容をインスタグラムにも投稿しています。

タイトルとURLをコピーしました