2009 多摩川リバーサイド駅伝 in 川崎 参戦記

スポンサーリンク

会社の毎年恒例行事となった
多摩川リバーサイド駅伝in川崎に参加してきました
[スタートまで]
今年もロングの部に出場
現在働いている蒲田の職場で1チーム
本社の事務所から4チーム
計5チームの大所帯
スタートは11:50なので
11:05に集合場所の古市場小学校に到着
受付を済ませてレース会場の河川敷へ
土手に立って見ると
人・人・人・人・・・
人だらけ
マラソン人気を改めて肌で実感
”いったい何チームいるのだろう?”
場所を確保して
着替えてアップ1kmを走ると
すぐにスタート10分前
[1本目(1区10km)]
今年は一番長い1区10kmを走る
他のチームの1区は
同じキヨシーズのナリタ、ヒロシ
”たぶんこの2人との勝負になるだろう”
スタート位置はスタートラインから20mくらい後ろ
”スタートしたら飛ばすかなぁ”とか思っていたら
スタートの合図
みんなが一斉に走り出す
とりあえず4’00/kmを目標に走る
周囲とペースが若干合わないので端から抜く
最初の1kmを3’40で通過
”突っ込みすぎたぁ~~”
一気にペースを落とすのも考えものなので
そのまま走る
1km過ぎからは周囲の人とペースが合ってくる
しかし、集団と呼べるようなグループがないので
ほとんど一人旅
最近走っていなかったせいなのか
体感的にかなりキツイ
心拍計を見ると心拍181くらい
”キツイわけだ・・・”
先月の月例赤羽とほぼ同等のペースなのに
心拍が5拍くらい高い
折り返し手前800mくらいで先頭とすれ違う
専修大学チーム
走りのレベルがぜんぜん違う
2位とも圧倒的大差
折り返して5km地点を20’00で通過
上がり調子なら40分切りも見えてくるが
下り調子だったので40分切りが厳しいと判断
(気持ちが切れかかってくる)
折り返して600mくらいでヒロシとすれ違う
いつもとぜんぜんスピードが違う
”46分くらいになるだとう”
依然心拍数は180を超えるが
スピードは4’10くらいまで落ちていて
かなりの選手に抜かされる
8km過ぎで颯爽と横から
ランスカの女性に抜かれる
離されまいと頑張るがすぐに離されてしまう
中継点まであと500m地点からは
応援の人・人・人
最後の力を振り絞る
そして2区へ継走
たぶん40’55くらい
もうちょっといいタイムを狙っていたが
気持ちが続かなかった
2分後にはナリタが戻ってくる
しかし、ヒロシは戻ってこない
15分後にヒロシ帰還
聞けば途中でトイレに入っていたらしい
[2本目(4区3km)]
1本目終了後40分くらい休憩
他のチームで欠員があったので
その代走として4区3kmを走る
3区が帰ってきそうな時間に
中継点へ移動
中継点、そこは・・・
もはや秩序が無い、混沌とした場所となっていた
毎年この駅伝を走っているが
ここまで中継点が酷いことはなかった
襷をつなぐ相手を見つけられないチームが多数
なんとか3区から襷を受け取り走り出す
周りとペースが合わないので端から抜かす
最初の1kmを今回も3’40で走る
”また、突っ込みすぎか?”
でも3kmなのですぐに折り返して
2kmを7’50くらいで通過
ペースが4’10くらいまで一気に落ちた・・・
それでも12分切りは見えていたが
残り1kmなのに自分への甘えが出てしまい
追い込めず・・・
結果として3kmを12’00で走りきる
[所感]
マラソン人気により
恐ろしい数のチームが出ていた
渋滞にはまらないようするため
まずはスタート直後に
ガンガン行ったのは正解だと思うが
やはり今の自分には3’40は早過ぎた
もうすこし抑えることを考えなくては
中継点の混雑は恐ろしかった
すべての区間の中継が同じ場所で行われるので
本当に凄いことになってた
区間によって中継点を変えるとかできないのかなぁ
走っているときは気にならなかったが
走り終わると右膝が痛んだ
なんとか治さねば
来週はいよいよ東京マラソン
右膝に不安はあるが、完走目指してがんばります
今日はマラソンへのいい刺激になったかな
大会名:多摩川リバーサイド駅伝 in 川崎
主催:川崎市
日時:2009年3月15日(日) 11:50~
場所:多摩川河川敷(神奈川県川崎市)
天候:晴
クラス:ロングの部(1区,4区)
記録:1区10km 40分55秒(自己計測)
   4区3km 12分00秒(自己計測)
過去の参戦記
2008 多摩川リバーサイド駅伝 参戦記
2007 多摩川リバーサイド駅伝 参戦記
2006 多摩川リバーサイド駅伝 参戦記

タイトルとURLをコピーしました