モントレイル青梅高水山トレイルラン 参戦記

スポンサーリンク

[スタートまで]
朝6時にヒロシ@キヨシーズの車で青梅を目指す
今回はキヨシーズからはヒロシ、はらくん、たけぷーの3人が出場
車には宇都宮から来たはらくんも同乗
車中では前週のブルベについての話で盛り上がる
はらくんは前週にAJ神奈川主催の伊豆300kmに出場していたので
そのときの話などを聞く
青梅への途中で今回の行動食等を購入し
東青梅の駅前に車を停め
電車に1駅乗って青梅入り
スタート地点には8時15分頃到着
今回一緒に参加するメンバーを探す
ほどなくしてつぢっこさんに会い
みんなと合流
今回の参加者(7人)
・ヒロシ
・はらくん
・つぢっこさん
・ひろみんさん
・スミソニアンさん
・keiさん
・たけぷー
今回も自分の服装は
【赤い水玉の山岳王ジャージ】
準備をして早速名物エアロビへ
エアロビは20分くらいやってたかなぁ
かなり長くて体力を消耗してしまう
エアロビ後ちょっと休んでいたら
すぐにスタート3分前
列の最後尾付近に行く
今回、ミヤガワさん@山一ランナーズが参加されていたのですが
スタート前に会えませんでした…
[スタート~白岩給水所(前半)]
トレイルランレースでは
毎回スタートから飛ばして行き
途中でバテるという
自分の中での王道パターンがあったので
今回こそそうならないように自分を戒めてスタート
スタート後は集団の中でガンガン行きたい願望を押し殺し
我慢の走り
約2km地点で前にひろみんさんらしき人が
確信が持てなかったので声を掛けられず横を通り過ぎた
次の瞬間!!
トレイルの石につまづきコケる
独り言で「あぶねぇ~」とか言いつつ
起き上がり虚勢を張って”ぜんぜん余裕”って感じで走る
5kmの給水所直後に渋滞発生
この場合、無理に先に行っても無駄なのでゆっくりと待つ
前の人についてゆっくりと上り
下りではちょっとスピードを上げる
雷電山、榎峠を通過して
関門となっている白岩給水所に到着
約1時間20分
[白岩給水所~高水山常福院~白岩給水所(中盤)]
白岩給水所でオレンジ一切と水一杯を腹に入れ
すぐに出発
出発してすぐにトップが上から飛ぶように下りてきた
トップを見送って山道を上がる
次々に戻ってくる選手達
すると見たことのある選手が下りてきた
「田中さん、がんばってください!!」と声を掛ける
イーストウインドのアドベンチャーレーサー田中さんだった
それからもたくさんの選手とすれ違い
一旦林道に出る
ここから2kmほど舗装路を下る
このあたりで今まで抑えてきた”ガンガン行きたい”という欲望に負け
ガンガン飛ばす
数人抜いて高水山常福院への上りに差し掛かる
昨年はここで完全にバテて
選手の方からキットカットをいただき
乗り切ることができた思い出の区間
今年は快調に上ることができ
あっという間に高水山常福院へ到着
ここで緑のお守りをいただき
バナナと水を補給して
いよいよ折り返し
高水山常福院から林道に出るところでヒロシとすれ違う
ヒロシも快調みたいだ
その差5分
林道は下りで快調に飛ばす
途中、スズキさん@桃色学園と会い
挨拶を交わす
林道から山道に戻り
高速下山を実行
後先をまったく考えない下り走りで
再び白岩給水所に到着
ここでひろみんさんと会う
残念ながらリタイアしたとのこと
[白岩給水所~ゴール(後半)]
オレンジと水を腹に入れて出発
ここから榎峠までのルートが昨年と変わっていて
昨年よりもかなり上ることになっていた
榎峠から雷電山への上りで
ついにバテる
というか、気持ちが負ける
身体はまだ行けそうなのだが
気持がツラさに耐えられない
ここまで立ち止まらずに来たが
この上りで何度も立ち止まり休んでしまった
その間に何十人もの選手に抜かれる
ちょっと歩いては止まり
また歩く
これをひたすら繰り返し
どれだけ時間が経ったかわからない頃に
やっとの思いで25km給水ポイントに到着
手持ちの水も切れていたので
ガブガブ水を飲み出発
細い山道から広い道に出た頃
後ろから声を掛けられる
「ブログを書いてる方ですか?」
「はい」
「キヨシーズの方ですか?」
「はい、よくご存知で」
「ブログ見てますよ」(←これは非常に嬉しかった)
聞けば昨年のエクストリームシリーズにも参加されていた
クロヌマさん@だめーずだった
クロヌマさんは今回残念ながらリタイアされたとのこと
一緒にその後2,3km一緒に話しながら走る
アドベンチャーレース、ブルベ、トライアスロンのアイアンマンなどなど
とても楽しい時間を過ごし
この間だけはツラさも忘れて走ることができた
(ありがとうございました)
クロヌマさんと別れ
ゴールに向かってラストスパート
下りと平地は劇走(主観的)
上りも我慢の小走り
でもなぜかゴール手前で緊張の糸が切れたのか歩く
”それでもゴールは走って通過したい”
最後は走ってゴール
3時間49分だった
[ゴール後]
みんなのいるところへ戻ると
ひろみんさん、スミさん、keiさん、はらくんがくつろいでいた
お腹がすいたのでスイトンを買う
そこでミヤガワさん@山一ランナーズに会う
聞けば自分よりも20分近く速い
(さすがミヤガワさん)
その後、先程のクロヌマさんとその仲間の方と話をして
つぢっこさん、ヒロシを迎えるためゴール地点へ
ヒロシは折り返し地点で自分よりも5分遅かったくらいなので
すぐにゴールするはずなのだが。。。
30分待っても
40分待っても
1時間待っても帰ってこない
みんなの間でヒロシ遭難説が囁かれる
スタートから5時間
ヒロシよりも先につぢっこさんがゴール
かなり疲れていたが充実したゴール
でもヒロシは来ない
スタートから5時間20分
やっとヒロシが戻ってくる
足が攣ってしまったため遅れたとのこと
みんなで荷物を置いてあるところに戻り
スミソニアンさん、keiさんから15kmの部のコースなどを聞く
どうやら15kmコースも相当キツかったらしい
それでも2人とも充実したトレイルランを堪能したみたい
はらくんは膝痛により5kmでリタイアしたとのこと
本人は不完全燃焼で終わってしまったが
また来年ぜひ!!
[所感]
昨年よりは大幅にタイムを縮めることができた
しかし23km付近の上りでの休憩は今になって悔やまれる
それでも身体はだいぶいい感じだったと思う
後は気持ちの問題だろう
昨年のハセツネ、みたけ山以降トレイルランをしていなかったため
上りのツラさに身体よりも先に心が折れてしまった
現在の状態ではハセツネの完走
いや、箱根の完走も厳しいだろう
もっとトレイルを走らねば!!
次のトレイルランは
箱根ではなく
【チャレンジャーズレース】
再び今回と同一コースを一部走ることになる
距離も80mile(約128km)と桁違い
牛歩でもいいから前へ前への精神でなんとか完走したい
参加必須事項となっている試走もしなくては!!
次の大会は2週間後のエクストリームシリーズ第一戦
今回のキヨシーズはいつもとは違いますよ!!
昨年の参戦記
http://kiyoshi-s.jugem.jp/?eid=105

タイトルとURLをコピーしました