アドベンチャー&ワイルドチャレンジレースMt.森吉 参戦記

スポンサーリンク

秋田県の森吉山麓で行われた
アドベンチャー&ワイルドチャレンジレースMt.森吉」に
初めて参加してきました。
今年のこの大会は
1日目:競技(トレラン)
2日目:のんびりボートorトレッキング
[スタートまで]
大会前日にシゲさんの車で秋田を目指す
途中、あきた北空港でBossをピックアップ
受付まで時間があったので
昼寝をしたりしてのんびり
久々にゆっくりした時間を過ごす
今回のチーム
チーム名:森といつまでも
メンバー:
・BOSS(クボタさん)
・シャさん(雑誌トライアスロン・ジャパンの取材のため出場)
・たけぷー
受付・パーティー後
宿泊場所のテレマーク山荘で
深夜1時頃まで宴会
[競技(トレラン)]
8:20 スタート
まずは森吉山頂への800mアップ
傾斜が急なスキー場を一気に上がる
一ノ腰までは3チームほぼ一緒
一ノ腰でノミズ兄弟が先行する
そこから先は傾斜も緩くなだらかな快適登り
森吉山頂に着き下を見るとノミズ兄弟の走る姿が見えた
すかさずBOSSが「アホー」と叫ぶ
森吉山頂からはずーっと下り
ボスの絶妙なペースでシャさんも自分も楽しく走る
途中で登山客に応援してもらいながら鳥獣センターへ
鳥獣センターからは素晴らしいブナ林を走る
振り返ると後ろからノミズ兄弟が!?
「森吉山頂から抜いてないけはずだけどなぁ」
どうやら鳥獣センターで大休止していたらしい
颯爽と自分達を抜いて行き
あっという間に姿が見えなくなる
桃洞滝までほぼ平坦の快適トレイル
ブナ林に差し込む日差しと葉っぱの緑がすごくきれい
素晴らしい森に癒され
気分最高!!
ペースもBossが抑えてくれたので森を楽しむ余裕があった
桃洞滝からは大会名物のリバートレッキング
ここで秘密兵器「軍足」を出す
シューズの上から軍足を履きグリップ力が格段に向上
軍足装着後、おにぎりを食べてリバートレッキングへ出発
出発してすぐに軍足の力を実感
一度履いたらやめられない
驚異のグリップ力でノー・スリップ
ボスは軍足なしだがまったくスリップせず
靴にも気合いを入れればスリップしないみたい
シャさんと自分は軍足の恩恵を大いに受ける
沢を詰めていき山道に出る
そこから南下して林道を目指す
地図ではこの山道区間が約3・5キロなのだが
走れど走れど林道が現れない
途中でお腹が空き主催者から提供されたプラムを食べる
「うまい!!!!!!!!!!!!!!!」
山道を走ること1時間くらい
やっとのことで林道に出る
この区間、6kmくらいはあったんじゃないのかなぁ
地図では林道に出たら東に進むことになっている
迷わず東に進むがすぐに藪が濃くなる
地図上ではすぐにヘアピンカーブがあるはずなのだが
ぜんぜんないので引き返し
今度は西に向かう
ほどなく道は南向きになり
現在位置を特定することができた
林道を下り、いよいよゴールまで3キロ程度
ボス、シャさん、自分
3人とも気力充分で最後の下り山道に入る
最後は九十九折の一気下り
30km近く走った後のこの下りは厳しい
コース脇にあった幸平衛滝、二ノ滝、一ノ滝の
素敵な風景を堪能して
そして、ゴール!
気が付けばトップでゴール
ゴール後、互いの健闘を称え握手
ゴールでスタッフが用意してくれたスイカを食べる
スイカはあまり好きではないので普段は食べないが
このときは旨かった!
[所感]
今回は競技がトレランしかなかったが
森吉山麓の大自然を堪能することができた
急峻な山は少なく全体的になだらか
ブナ林でのランニングはすごくよかった
森吉は地図読み不要と聞いていたが
ある程度の地図読み能力は必要
10年間出場しているBossの適切なナビゲーションで
ほとんど迷うことなく快適にレースを
進めることができたが
他のチームは相当苦戦していた
[食べ物]
・ヴィダーインゼリー×2
・ブドウ糖×10
・プラム×1
・おにぎり×1
・ポカリスエット 2L

タイトルとURLをコピーしました