日本山岳耐久レース参戦記

スポンサーリンク

5回目の出場で初めてのリタイア
辛く長いハセツネだった
[スタートまで]
8時過ぎの電車に乗り
武蔵五日市に10時前に到着
そこで
チームホワイトベースの3人、イヲリさん@顎紐組み、ミヤガワさん@山一ランナーズと合流
6人で会場へ
控え室の体育館に行くとすでに満員状態
狭いながらも場所を確保
程なくしてユッキー、マーク、原くんと合流
受付を済ませ準備をする
今までの4回は1人で参加していたが
今回は8人という大所帯
【メンバー】
・まどかさん@顎紐組
・まきちゃん@マイメロ
・アライくん@マイメロ
・マーク@マイメロ
・ユッキー@M福岡
・ミヤガワさん@山一ランナーズ
・原くん@キヨシーズ
・たけぷー@キヨシーズ
個々の実力からして”全員完走は間違いない”
スタート時間が迫ってきたので外にでる
そこで誕生日を祝ってもらう
とても嬉しかった
でもトイレ待ちの人が不思議そうに見てたなぁ
クッキーをもらったが行動食には持って行けないので体育館に保管しておいてもらう
その後スタート地点に行き
12時間台と15時間台の間の場所に並ぶ
[スタート~第1関門]
並ぶとあっという間にスタート
学校の校庭を出るまでは軽い渋滞
校門を出ると一斉に走り出す
今年は信号で止まることもなく快調に走れる
一度山道に入り変電所に抜ける
変電所でまどかさん@顎紐組に追いつく
まどかさんは周囲の人と同じペースで走っていたので
抜かすときに「(今熊神社まで)がんばらないと!!」と言う
自分もがんばり今熊神社まで走る
この今熊神社以降は山道に入り抜かすことは困難になる
山道に入り気分的にも落ち着いてくる
たまに横を抜かしていく人がいるが
”まだまだ序盤、我慢我慢”と自制する
程なくしてアライくん@マイメロと遭遇
どうやら胃腸の調子が悪くペースが上がらないとのこと
それでも結構速い
入山峠に到着すると軽い渋滞
”昨年は渋滞なかったのになぁ”
15km付近でねえさん@ムーンライダーを発見
軽快に走っていて後ろの人が付いていくのに大変そうだった
聞くと「足を捻った」とのこと
先行させてもらい第1関門を目指す
第1関門前でマーク@マイメロに会う
初出場で早くもハセツネの苦しさを存分に味わってる
22km地点の第1関門に到着
時間は4時間4分
昨年よりも10分遅い
これでも順調に行けば14時間台
Sueさんがいたので挨拶
「今年は人が多いです!!」
第2関門までは無休憩予定なので
休憩を取らずに第1関門を通過
[第1関門~第2関門]
第1関門通過後、歩きながらア●ノバイタルプロを飲む
いつものことながらコレを飲むと気分が悪くなる
(自分には合わないのかもしれない)
28km付近で不意に吐き気が!!
いつか吐き気が来るのは分かっていた
いつもは完走後に来ていたが
今年は早過ぎる!!
”まだ第1関門通過直後じゃん”
こうなると食べ物も飲み物を受け付けない
ついに西原峠前で戻してしまう
胃の中が空っぽになり三頭山への上り
上りながらも吐き気が止まらない
胃は空なので何も出ない
5分上がってうずくまる
5分上がってうずくまる
これを繰り返し三頭山の山頂に到着
7時間ちょっと過ぎ
普通に行けばあと1時間くらいで第2関門
吐き気に苦しめられながら鞘口峠を通過
風張峠への下りでうずくまっていると
マーク@マイメロが登場
ハセツネのキツさに相当参っているようだ
一緒に走るが付いていけない
奥多摩周遊道路、月夜見山を通過
マークに遅れること3分
やっと42km地点の第2関門に到着
時間は8時間45分くらい
まだ15時間台は狙える
[第2関門~大ダワ]
水分補給にエネルゲンを2L持ってきたが味に飽きたので
まだ500ml以上残っていたが全部捨てて
水を1.5L補給する
早速軽く水を飲む
空っぽの胃袋に染み渡るのが良く分かる
15分くらいの大休止後
マークと一緒に関門を出発
出発直後強烈な吐き気に襲われ再びうずくまる
”これでは完走もままならない”と判断
”寝て起きれば治る可能性がある”と思い
思い切って寝る
1時間半後、寒くて起きる
結果は「変わらず」
この時点でリタイアを決意
次のリタイア可能ポイントは大ダワ
とりあえず寒いので動く
動くと吐き気が襲う
すぐに横になる
これを繰り返し御前山へ
御前山を通過し大ダワへの下り
【大ダワ3.1km 50分】という道標
”まだ3km以上もあるのかぁ”
気持ち悪さを我慢しながら休み休み少しづつ下る
やっとのことで約50km地点の大ダワに到着
すでにスタートから14時間半が経過していた
なんと第2関門から大ダワまでの約8kmを移動するのに5時間半
躊躇することなくスタッフにリタイアを告げる
この時点で2006年のハセツネは終了
[リタイア後]
車が来るまで待合場所で毛布に包まって待機
先にいた陸上自衛官の方と話をする
その方はすごく元気そうだった
聞くと「ライトの電球が予備も含めてすべて切れた」とのこと
どうやらオキシライドの電池が強すぎて
電球が飛んでしまったらしい
自分が気持ち悪くてリタイアしたことを告げると
「アミノバイ●ルプロが良くないのでは?」と言われ
その話題で盛り上がる
程なくして車が到着
武蔵五日市に向けて出発
車の中では自衛隊の話を聞き、楽しいひと時を過ごす
約1時間くらいでスタート/ゴール地点に到着
すでに夜が明け始めていた
ゴールには次々と選手が入ってくる
ゴールする選手を羨ましく思いながら体育館へ
体育館に戻ると4人が帰ってきていた
”全員ゴールしたのかな”と思っていたら
全員リタイア!!
その後、ミヤガワさん、マーク、まどかさんが完走ゴール
みんなキツそうだが、達成感が見て取れる
”自分も来年こそは!!”
[所感]
今回は5回目で初めてリタイアを喫した
”リタイアはしないだろう”驕りがあった
昨年より早いタイムを狙っていたので
荷物は軽くと思い
アミノバイタル●ロ、ジェルなどを持って行き
おにぎりなどを持っていかなかった
これが失敗の原因だったのかもしれない
アミノバ●タルプロ、ジェル系は自分の体に合わないことを
実は3年くらい前から分かっていたのに…
まったく学習能力無し
今回の結果
8人中3人完走(完走率38%)
自分の知っているだけでも
アドベンチャーレースに参加している人のリタイアが目立った
それに反して大会そのものの完走率は75%くらい
みんなすごい!!
さらに大会全体の選手レベルが上がっている
12時間台でも200位って…
来年はさらにレベルが上がるだろう
自分もがんばらなくては!!

タイトルとURLをコピーしました