GEAR9 参戦記(その3)

スポンサーリンク

[リタイア後]
ブラッドの運転でゴール地点に向かう
ゴールにはすでに1チームがいた
”はやいっ!!”
2位チームをだいぶ離しての優勝
ゴールにあったFINISH幕の前で
日本チームの写真を撮って
車でホテルに戻る
いちおうソーシャルのゴールであるCP6は
カテゴリ内のトップで通過してたから
満足感はあった
ホテルに戻り荷物を部屋に持っていき
2時間くらい休む
その後、韓国料理屋で簡単な打ち上げ
部屋に戻って就寝
でもGEAR自体はまだ他のチームが競技をしていて
最終チームのゴールが夜中の2時頃だったらしい
[表彰式]
翌日は朝からプールで3時間もクールダウン
その後宿泊しているホテルのレストランで表彰式
表彰式は
バイキング形式で食べ放題、飲み放題
みんなガッツリ食べて飲む
しかも、音楽は生バンド
”豪華すぎる!!”
リザルトが配られ
見ると
自分たちのチームは
【DNF】(Did Not Finish)
つまりリタイア扱い
順位付かず・・・
”ソーシャルのゴール(CP6)をちゃんとトップで通過したのに・・・”
後日わかったことは
日本チームのカテゴリは
「ソーシャルのリレー」ではなく
「プロのリレー」だったということ
だから最終ゴールまで行かなければDNFになるのは当然
結果が残らないのは残念だが
たくさん楽しめたので後悔はしていない
各カテゴリの表彰とチームのスピーチがあり
日本チームも遠来賞(?)をもらいスピーチ
日本語でしゃべり、マキコさんが通訳する
4時間に及ぶ表彰式が終わり
(大半が食事と歓談の時間)
部屋に戻って
帰国の準備をした後
日本チームの打ち上げをする
[帰国]
みんな時間はバラバラだが早朝のフライトで帰国する
その中でもごんたさんと自分が一番早く
深夜2:00にホテルを出発
ホテルの車で空港まで送ってもらう
帰りもMTBは追加料金なし
4:30に日本へ向けて出発
3時間半のフライトの後
6:30に日本に到着(時差が1時間ある)
豚インフルエンザの影響で入国審査に時間がかかるかなと思ったら
10分もかからずに入国完了
ごんたさんも自分もこのまま仕事なので
MTBと大型ザックを宅配で家に届ける手続きをして
京成線に乗って会社に行った
[所感]
初の海外アドベンチャーレース
最高の大会でした
まず、恐ろしいほどの好待遇
ホテル代無料は凄すぎです
マキコさんと主催者に感謝
今回のチームは初めて組んだチームでしたが
みんなおもしろく終始楽しくレースができた
海外レースということもあり
英語が必須だったが
サポートのマキコさんのおかげでレースができた
数年前までは日本から毎年何チームかGEARに出場していたが
ここ2,3年は1チーム出るかどうかという状態だったらしい
暑さは厳しいがコースは最高
日本のARでは味わえない大自然を堪能することができた
ぜひ来年もGEARに参加したい
しかし、来年はホテル代が無料にはならないので
宿泊場所の手配からしなくてはならない
さらに、サポートもマキコさんではないかもしれないので
英語ができる人を必ず入れなくてはならない
英語ができない状態でレースに挑むと
ルールが理解できずいらないところで損をしそうです
今回の大会に誘ってくれた迷走名人さん
一緒にレースをした桂さん、ごんたさん
すべてをサポートしてくださったマキコさん
現地でサポートしてくれたブラッド
主催者のジェームス、リンダ
GEARに参加した方々
そしてスタッフの方々
みなさんのおかげで初海外レースはすごく楽しかったです
本当に本当にありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました