北アルプス アドベンチャーゲームス2001 参戦記

スポンサーリンク

長野県白馬の青木湖周辺で開催された
北アルプスアドベンチャーゲームス2001】に参加してきました。
[スタートまで]
以前からコースが素晴らしいという噂を聞いていたこの大会
ワクワクしながら土曜日の0時過ぎに埼玉県和光市を出発。
外環→関越→上信越→下道→オリンピック道路を走り。
5時頃、青木湖にあるホテルブルーレイクの駐車場に到着。
前泊組参加者のテントがいくつか駐車場に建っていた。
この大会のスタッフの方々とは
足柄の某グリーンファームや
秋田の森吉で会っていたので顔見知り
挨拶と受付を済ませてレース(ゲーム?)の準備をする
今回のチームは
【元祖キヨシーズ】
・山ちゃん・・・地図読みアドベンチャーは初期の里山以来5年ぶり
・まどかさん・・・数々の大会に参加
・たけぷー
[Stage1 カヤック]
天候はあいにくの雨
Stage1はカヤックのリレー
もともと自分は水ものが不得意なので
「何とか湖を回ってくればOK」という気持ちで漕ぐ
1/3くらいのところで疲れてしまい
あとはダラダラ漕いでしまった。。。
たけぷー→まどかさん→山ちゃんと繋いで終了
[Stage2 MTB]
カヤックの3走山ちゃんは青木湖の対岸に上陸するので
そこまでまどかさんとMTBで移動
合流点に行くとすでに山ちゃんが!!
”遅くなって申し訳ない”
3人でMTBスタート
早くも最初のCP201へのアプローチで悩む
地図通りに進むと道が無い!!
一旦戻って、送電線の真下に道を発見
この送電線路を考慮していなかった・・・
冷静に地図を見れば送電線の真下にポイントがあるので
送電線路の存在を意識するのが当然なのだが
完全に忘れていた
CP201を取り、そこからは順調にポイントを取って行く
途中のクイズポイントでは
車で通りかかった地元の人を止めて回答を聞いた
地元とのふれあいもこのレースの醍醐味のひとつ
最初のポイント以外は迷うことなくStage2終了
[Stage3 オリエンテーリング]
Stage3はスコアオリエンテーリング
Stage4はMTBでのスコアオリエンテーリング
Stage3開始時点でStage4の地図ももらう
Stage4のゴール時間は決まっているので
Stage3,4のどっちにどのくらい時間をかけるかが今回のポイントだった
結果からいうとStage3はほどほどに
Stage4に重点を置いたほうがよかったみたい
我がチームはStage3の中でも比較的難度の高いポイントを目指した
CP306→CP307→CP308
このポイントは道から外れていて藪漕ぎがある
それをあえて選んで自主的に藪漕ぎアドベンチャー
1時間30分くらいかけて5点×6=30点
これは相当低い点数だと思われるが
藪漕ぎしたのでチームとしては大満足
[Stage4 MTB]
このステージは全ポイント制覇を目指してスタート
最初のCP401付近でまどかさんが転倒し、道の脇の藪に落ちる
山ちゃんが、助けに行きすぐに出発
このあたりからK4さん率いる【クロマニオンズ】とほとんど併走
CP404で【ワイルドライフ】に出会う
ポイントを探している模様
自分たちも5分くらい探したが見つからない
違う方向からまどかさんの声が聞こえる
行ってみると、ポイントが!!
探していた場所が違ったかぁ~
CP405に向かう途中、苦しい上りがあった
上りきってから道が違うことに気付き一気に下る
下っているときに反対から上ってくる【PYON2】と出会い
”そっちの道はちがうよー”と心の中で囁く
CP405に到着した時点でゴールまで残り1時間半程度
これ以上進むとゴール時間に遅れてペナルティをもらう可能性大なので
引き返すことにする
いままで通ってきた山道を引き返すのは
非常にきついので少し遠回りだがアスファルト道を辿って帰る
途中、濡れた路面で前輪がスリップして
右肘と右膝に擦過傷を負が
構わず先を目指す
帰りの道はズーっと上り
まどかさんがかなりキツそう
山ちゃんがまどかさんの腰を押してサポートする
なんとかゴールに到着
残り時間10分程度だった
”ギリギリ間に合ってよかったぁ”
1日目終了
[2日目スタートまで]
約15kmの長い道のりを経てスタート地点へ戻る。
ホテルへ戻り
お風呂に入り
BBQ夕食をして
就寝する
2日目
朝起きると今日も外は雨
テンションも若干下がる
2日目は一番恐れているスイムからスタート
[5Stage ライジャケスイム]
このステージはライフジャケットを着てスイムでリレーをする
200~300mくらい
しかし、自分は記憶の中でこの距離のスイムをしたことがない
泳ぎ方もほとんど習ったことがないので苦手な分野
今回は3番手の泳者
1番手の山ちゃんは5位くらいで戻ってくる
2番手のまどかさんはあまり抜かれずに戻ってくる
3番手の自分は抜かれまくり
泳いでいても進まず・・・
ゴール間近でも抜かれる
あと少しで終了というところで顔を上げ
前の人を見ると
なんと!?
”ビキニぃぃぃぃぃぃ~~~~!!!”
2m後ろからその御姿を拝見させていただきました
このときばかりは
”抜かれてよかったぁ”
[6Stage MTB]
いよいよ最後のステージ
MTBのスコアオリエンテーリング
恐れていたスイムも終わり
ビキニちゃんも見れたので気分上々
青木湖から鹿島槍スキー場へ行き
そこからスキー場の上まで約500mのup
ゴール制限時間まで時間が少ないので
ウチのチームは最小限のポイントのみを取って
ゴールへ向かう
途中、いろいろなチームに会ったり
重鎮にエアボトル渡ししてもらったりして
(ロードレースのボトル渡し風)
楽しみながらゴールへ向かう
終盤、当初予定していたルートよりも手前で
スタッフの誘導により尾根へ入り
ポイントを2つほど取る
あと少しで山道も終了というところで
まどかさんが転倒し足を強打
しかし、気合で起き上がり
ゴールへ向けて前進
ゴールの2つ前のポイントで
大勢の人が集まってポイントを探していた
このポイントは三角点
田んぼ道の脇にあるはずなのだが
草に隠れて見つからない・・・
自分たちも探索に参加
みんなが探している所より
若干手前で発見!!
その後は、集団となってゴールへ雪崩れこむ。
最後にあらかじめ渡されていた
写真の撮影ポイント当てがあったが
まどかさんの意見を強引にねじ伏せて答えたら
見事、不正解!!
まどかさんが正解でした。
アジャリの●越先生仕込の地図読み
恐れ入りました・・・
[ゴール後]
またまた長い道のりを経てスタート地点へ
そこで本当のレースは終了
お風呂に入って
閉会式に参加
結果 総合16位
帰るときにスタッフの方々に挨拶
車で駐車場を出るときに
コースディレクターのクボタさんが
「バカァー」と叫んでくれた
これを聞いてまどかさん大笑い
選手のみなさん、おつかれさまでした
スタッフの方々、ありがとうございました
[所感]
噂通りの楽しい大会
残念ながら2日間とも雨でしたが
”晴れていたらとても素晴らしい景色があったんだろうなぁ”
と思うと悔やまれる
聞けば、「9回目の開催で初めての悪天候」
ある意味、運良すぎ!!
これも日頃の行いなのかな?
ポイント通過の証明として
数箇所でクイズに答えるというのがあった
この形式は初めてだった
ウチのチームは完走狙いだったので、クイズには
”間違えてもいいかなぁ”って感じで気軽に答えましたが
上位を行ってるチームは熟考したのかな?
体力だけでなく地図読み以外の知力も要求されるのは斬新
水分や補給食はあまり考えずに持って行ったけど
最終的にはほとんど残らなかったので
正解だった。
その中でも、東急ハンズで購入した
レモン塩アメ」と「ブルーベリー風味のブドウ糖」は良かった。
ハセツネに持って行かねば!!
次回はエクストリーム奥大井

タイトルとURLをコピーしました