エクストリームシリーズ第4戦(湯河原大会) 参戦記

スポンサーリンク

<注意>超長文です。暇なときにでも読んでください
7/8神奈川県湯河原で開催された
エクストリームシリーズ第4戦に参加
[スタートまで]
4時に川崎を出発
ゆっくり7時くらいに湯河原に到着
いつも通り準備をして受付へ
今回は東京から近いこともあり
50チーム以上のエントリーがあった
[スタート~CP5(MTB)]
最初はチームチャレンジ
昔のウルトラクイズのバラ撒きクイズみたいなゲーム(?)
封筒を持って戻って振り返ると後ろに1チーム
スタートは50番手くらい
キヨシーズはチームチャレンジが苦手なんです…
早速MTBに乗り漕ぐ
CP1へはアスファルトの急な上り坂
ほとんどのチームがMTBを押してあがる
何チームかを抜きCP1へ
そこから一気に下り
緩い上りが約3km
ここでガンガンこぎまくる
チームメイトのナリタ、ヒロシも後ろから付いてくる
CP2へ到着すると順位が一気に7位にアップ
すでにここまで40チームも抜いたのか!?
坂をあがり山道に入ってMTBを担ぐ
今回はこのMTB担ぎのために緩衝材をMTBに巻いてきた
しかし…ヒロシの巻き方が絶妙だったのか
MTBが肩に食い込みかなり苦戦していた
前に見えたチームがどんどん遠くなっていく
ゆっくり上がりCP3をチェックしCP4へ
CP4を見つけた後
アスファルトのヘアピンカーブで転倒
右肘、右膝を擦りむく
でも本当に痛かったのは買って2回目のCW-Xに大きな穴が開いたこと
怪我よりも痛い…
CP4からは快適な下りでCP5へ
CP5に到着すると順位が3位まであがっていた
[CP5~CP13(トレッキング)]
CP5でのチームチャレンジでやはり苦戦
本当にチームチャレンジが苦手なことを改めて実感
今回のレースは地図読みがあまりないパワーレース
大潮のため海岸沿いのCP6,7がキャンセル
これによりトレッキングの80%くらいがアスファルト
上りは歩くが平地と下りは走る
暑くてペースも上がらず時速8km/hくらいしかでない
そんな中、トレイルよりもアスファルトが好きなヒロシが快調
毎回恒例の足攣りもまだない
新品のCW-Xが効いているらしい
ナリタも調子は悪くない
淡々とCPを回り
CP13に到着
[CP13~ゴール(MTB)]
CP13を出るとあとはCP14を取って終了
CP14の手前にキツイ上りが待ってた
MTBを押して上がる
ここにきてヒロシの調子は最高潮
どんどんこいで上がっていく
CP14に到着するがその先に道らしきものが見当たらない
(後で聞くと、どうやらあったらしい)
仕方なく真鶴駅まで引き返し
ゴールを目指す
ゴール前の坂に苦しみながら
”ここでMTBを降りたら後悔する”と思いMTBをこぐ
15:57無事ゴール!!
順位はなんと総合3位
[ゴール後]
いつも通り温泉へ行き
表彰式終了後、顎紐組、マイメロディと焼肉を食べる
その後、小田原の万葉の湯に行き
ダラダラして、翌日午前に帰宅
[所感]
今回は予想遥かに超えるよい結果を残すことができた
地図読みがほとんどないパワーレースだったのがよかった
自分の課題であった水分補給に関して
スポーツドリンクは持たずにすべて水にした
それにより道中で味に飽きることなく水分補給ができた
次回は1週間後に長野県王滝村で開催されるセルフディスカバリーアドベンチャーレース
昨年はバテてリタイアだったので今年こそ完走したい

タイトルとURLをコピーしました