TTR再び!!

スポンサーリンク

先日開催された日本山岳耐久レースのコース距離は71.5km
いままでは、奥多摩近辺でのトレイルランの最高距離だったが
今年の5月、あのレースが開催された
それは「チャレンジャーズ・レース」(以下TTR:Tokyo Trail Run)
その距離なんと約100km(しかし本当はもっとあるとの噂も…)
ハセツネのおよそ1.5倍
しかもそのコースがすごい!!
青梅→高水山→棒の折山→一杯水山→雲取山(東京都最高峰)→七つ石山→三頭山→陣馬山→城山→葦戸山→高尾
距離はハセツネの1.5倍でも、その過酷さはハセツネの2倍
ちなみに優勝者のタイムが18時間台
やっぱりハセツネの約2倍強
今年が初開催ということで参加した
100kmの部には約150人が参加
スタートこそ頑張ったが
第1関門(棒の折山)に関門閉鎖10分前に到着
膝を痛めたため、先へ進むかを悩む
そのまま次へ行くと第2関門の酉谷でタイムアウトは必至
しかも酉谷から下山に3時間かかる
それを考えたら、第1関門でのリタイアを選択してしまった
最終的にこのレースを完走した人はわずか11人
完走率7%ちょっと(今年のハセツネが55%で過去最低)
大会運営についてもいろいろと言われていた
TTRに出て、いかにハセツネが素晴らしい大会であるかを再認識
第2回開催が疑問視されていたTTRであるが
なんと、来年の4月29日に第2回大会が開催される
その名も「チャレンジャーズ・レース2006 Japan Cup・Tokyo Trail Run 100」
すでにスポーツエントリーでは申込が開始
関門の制限時間が長くなりちょっとは完走者も増えるだろう
コースの過酷さはまったく変わらず厳しい
なんだかんだ言ってやっぱり参戦します
申込は来年になってからしよう

タイトルとURLをコピーしました