BRM810大津1000km参戦記(その3)

スポンサーリンク

[PC3~PC4(神鍋)]
4:30頃にPC3を出発
目指すは約90km先のPC4
PC3を出発するとすぐに高校生らしきママチャリに乗ったカップルを発見
しかし今の時刻は5:00前
“なんでこんな時間に?しかも制服を着てるじゃん!!”
とりあえず高校生(?)を抜かし走る
日も上がってきて暑くなってくる
PC3を出て25kmくらいのところで疲れから休憩
約15分ほど休んでいると
自分が来たほうからママチャリ2人組が!!
“えっ!?”
一瞬自分の目を疑う
それはPC3を出た直後に抜いた高校生(?)だった
あれから25km
そのカップルはママチャリで走り続けていた
しかも楽しそうに話をしながら…
“負けてはいられん!!”
再び走り出し、ママチャリカップルを追い抜く
順調に走っていくと兵庫県城崎付近を通過
ここから海沿いの道が一変する
起伏が激しく一気に上がって一気に降りるという大味な道
それでも我慢しながらゆっくり確実に進む
すると通過チェックポイントの佐津駅に到着
ここはクイズポイントでその答えを確かめないとならない
クイズは
「佐津駅前にある自販機(2台)どちらか1台のメーカーはどこか?」
というもの
答えは「コカコーラ」「サントリー」
この時点で時間は9:00
スタートして約360km、23時間が経過
PC4へは残り23km
“あと1時間半くらいかなぁ”と思っていた
しかしこのときはこの後の地獄を知らなかった
佐津駅を出て日本海に別れを告げ内陸を目指す
PC4まで残り約8kmまでは比較てき快調に走る
しかし突然疲れが出てきた
近くにあった神社の木陰で20分ほど休み
再び出発
しかし上りのスピードが上がらない
炎天下でどんどん体力は消耗し疲労が溜まる
PCまで残り5km
坂がキツくなりついに自転車を降りてしまった
自転車を押しながら坂の頂上を目指す
いままでブルベで自転車を押したことはなかったので
正直すごく悔しかった
一度降りてしまうともう乗れないのではとも思った
でも疲れていて押すしかない
炎天下で自転車を押して坂を上がる
どんどん体力が奪われていく
木陰で自転車を投げ出し休憩
すると下から埼玉のスズキさんが上ってきた
自転車に乗ってガシガシ上がっていく
しかし今の自分は自転車に乗れない…
「リタイア」の4文字が脳裏をよぎる
休憩後再び自転車を押して坂を上がる
また木陰で休む
もう10分と自転車を押すことができない
そんなことを繰り返してやっと頂上に到着
そこでも木陰で休憩
このとき自分が熱中症であることを確信する
ここからPC4へは下り
フラフラしながらも下っていきPC4に到着
佐津駅からPC4まで23kmの区間を実に3時間以上かかってしまった
PC4には主催者の深井さんが待っていた
自分はこれ以上進めないと判断しここで深井さんにリタイアを宣言
12:15 自分のBRM810大津1000kmが終了
気持ちはまだまだ行けたかもだが
体調が限界だった
もうちょっとつづく

タイトルとURLをコピーしました