BRM810大津1000km参戦記(その4)

スポンサーリンク

[リタイア後]
ブルベはリタイアしてもその後の処理はすべて自分で行う
自己責任だ
深井さんにリタイアを宣言した後
着替えと輪行袋の入った荷物を受取り近くの道の駅・神鍋高原へ
ここでアイスを2本食べ近くの駅を目指し出発
一番近い駅はJR江原駅で約10km
道は下りなのでリタイアした体でも比較的楽
駅へ向かう途中でコンビ二に寄り輪行用にガムテープを購入
時間は14:00で炎天下真っ盛りの中、駅を目指し走る
フラフラになってJR江原駅に到着
とりあえず自転車を適当なところに置き待合室で休む
暑くて汗がドッと出てくる
20分ほど横になると少し落ち着く
それから自転車を解体し輪行袋に収納
自転車を収納し終わり駅の改札へ向かおうとすると
千葉のヒラヤマさんが同じく自転車を片付けていた
聞くと「暑さでこれ以上は危険と判断しリタイアした」とのこと
改札で駅員に聞くと江原から京都までは特急で約2時間
“そんなにかかるのぉ~!!遠くまできたんだなぁ”と実感
ヒラヤマさんと大津までの乗車券と特急券を購入
電車を待つが体調がどんどん悪くなってくる
“このままでは電車で2時間も耐えられない”
見ると駅前にビジネスホテルがあり空きがあった
ヒラヤマさんに今日は駅前のビジネスホテルに泊まることを伝え別れる
ホテルに入るとすぐにエアコンをつけ横になる
2時間ほど寝てやっと人並みに動けるようになった
そして翌日に京都へ向けて旅立った
[ゴール地点へ]
リタイアしたからといって帰れない
まだ荷物が主催者に預けてあったからだ
リタイアから2日後
荷物を受取りに滋賀県大津のゴール地点に向かう
琵琶湖湖岸でゴールを探す
ほどなくゴールを発見
ゴールには深井さん、リキューさんがいた
また埼玉のスズキさんに会い
聞くと「CP6(京都大原)でリタイアした」とのこと
深井さんに現在走っている方の数を聞くと
5人!!
“そんなに少ないのー!”
ゴールのテントの下を見るとすでに先頭でゴールした方が!!
見た感じでは疲れを感じさせないくらい元気そう
深井さんが「寝ないで走ってたらしいよ」
“えぇー!超人?”
その後、リキューさん、スズキさんとブルベについての話をし
深井さん、リキューさんにお礼と来年のリベンジを告げ
ゴールを後にした
[所感]
今回のブルベは本当に暑くツラいブルベだった
“最初は何でこんな時期に!!”と思ったが
これにはAJ近畿の意図があり
世界のブルベは真夏こそがシーズンなのでこの時期に開催したとのこと
それを聞くと自分の未熟さを痛感
暑さ対策が不完全で結果的に熱中症に。。。
最後にリキューさんと話をした際
超長距離ブルベではキャメルバッグが有効であることを聞いた
アドベンチャーレースでは普通に利用していたが
ブルベでは肩が痛くなるので使っていなかった
でも今回のブルベでその必要性は良く分かった
リタイアしたがブルベへの情熱は確実にアップ
もう一度走りたい
そしてゴールしたい
[今後の予定]
まずは9/2に静岡600km走行会が開催される
これに参加し完走を目指す
実は今年もう一回1000kmブルベがある
BRM1006一宮1000kmだ
これは日本山岳耐久レース(ハセツネ)と日程が重なる
当初はハセツネに出るため不参加のつもりだったが
今は悩んでいる
ハセツネかブルベ1000kmか
もう少し考えたいと思う
超々長い文章にお付き合いしていただき
ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました