エクストリームシリーズ第5戦(奥大井大会) 参戦記(その1)

スポンサーリンク

9/9に静岡県川根本町で開催された
エクストリームシリーズ第5戦に参加
[スタートまで]
開催地の静岡県川根本町までは川崎から5時間を想定
0時に川崎を出発
東名を西に進み静岡まで
静岡からは国道362号を北上
ここはこの前の週にリタイアした静岡600kmブルベのコース
「悪名名高き(?)362号」と聞いてはいたが
実際車で走ると12~15%の坂が続いていた
これを自転車でしかも500km走った後に上るのだから…
362号で山を越えると川根本町(旧 中川根町)に到着
集合場所は千頭駅近くの「音戯の里」
5:00に到着し、2時間ほど睡眠
7:00に起床、受付・準備・装備チェックを済ませる
今回の出場チームは54チーム!!
”奥大井まで54チームも!!”
9:00頃からブリーフィング、チーム紹介が行われ
10:15にいよいよスタート
[スタート~CP2(ショートランニング)]
スタート後は全チーム集団となって大井川の対岸にあるCP1へ走っていく
最初はウォームアップと考え集団中盤あたりで走る
程なくCP1に到着
スタッフにチェックしてもらいCP2(スタート地点)へ
天候は晴れていたが湿度が高く汗がたくさん出る
汗をカキカキCP2へ
[CP2~CP5(MTB)]
CP2からはMTB
キヨシーズは地図読みよりも体力系なので
前半にMTBセクションが入っているのは嬉しい
CP2を出発すると目の前に優勝候補筆頭の「TEAM 男山」が
いままでのレース中にその後ろ姿すら見たことがなかったので
”「男山」には申し訳ないが後ろについてレース展開を勉強させてもらおう”
CP3の神社を通過しCP4を目指す
途中で「マイメロディ」を発見
アスファルトからダブルトラックに入り
鞍部から尾根沿いに山道を上がる
ここでついに男山の後姿が見えなくなる
MTBを担いで山を上がりCP4に到着
そこから一気に山を下る
下りでヒロシがコケて腕にチェーリングが刺さってしまい流血
山を降りるとナリタのMTBのリアディレーラー(後部変速機)が破損
とりあえず処置をせずCP5まで行く
CP5に到着したときにはなんと3位!!
[CP5チームチャレンジ(火起こし)]
チームチャレンジは2種類
「ダッキー(ゴムボート川下り)」と「火起こし」
CP5とCP9(同じ場所)で必ずどちらかを選択し行わなくてはならない
ヒロシの怪我とナリタMTBの故障
その手当ての時間を取るため「火起こし」を選択
キヨシーズはチームチャレンジが苦手でいままで苦渋を舐めてきた
今回もやはり苦戦
火がなかなか点かない
点いたと思えば消える
結局30分かかってクリア
[CP5~CP9(トレッキング)]
CP5を出発してCP6を目指す
地図を見るとCP6は尾根に設置してある
まずは尾根の入口まで走る
するとナリタが徐々に遅れ始める
このときはあまり気に留めなかったが
尾根を登り始めても変わらないので聞くと
「調子が悪い」とのこと
このことは衝撃的だった
と言うのもナリタはキヨシーズにおいての要
今まで10レース近く一緒に出場したが1回も調子が悪いことがなく
レース中も辛さを見せたことがなかった
それなので、辛そうなナリタを見るのは今回初めてだった
ゆっくりと尾根を登りCP6到着
そこからさらに上を目指す
林道に出て程なくCP7に到着
そこから下って林道、トレイル、道なき斜面と走りCP8
ここから長ーいトレイルを下る
下りの途中でヒロシが転んで足を攣る
CP9にはタイムアウトの30分前に到着
順位はなんと5位!!
CP7では7位だったので何チームか道をロストしたみたい…
[CP9チームチャレンジ(ダッキー)]
ダッキーは今回のレースで一番楽しみにしていた種目
川が浅いのでボートを川の中心まで運び乗込む
今までの疲れも忘れボートに興じる
あっという間にダッキー終了地点に到着
そこからボートをスタートした地点に運び終了
つづく

タイトルとURLをコピーしました