みたけ山山岳マラソン参戦記

スポンサーリンク

今年のレースの締めくくりとして
【みたけ山山岳マラソン】に参加
不安だった天候も良く辛く楽しいレースだった
[スタートまで]
朝8時に御岳駅集合ということで
川崎を6時に出発
約2時間の電車旅の後
8時3分に御岳駅に到着
御岳駅で
・ナリタ@キヨシーズ
・まどかさん@顎紐組
・イヲリさん@顎紐組
・もっちゃん@顎紐組
4人と合流
早速ケーブルカー滝本駅に向け出発
昨年はとても寒かったが
今年は昨年に比べて暖かい
30分のウォーキングで滝本駅に到着
受付を済ませ参加賞のトレーナーをもらう
今年の色はグレー
ここで つぢっこさん@RDと合流
開会式が始まっていたので
急いで着替えて荷物を預ける
今回ももちろん【赤い水玉ジャージ】
エアロビをしてスタート地点へ
”明らかに昨年よりも参加者が多い!!”
どうやら昨年よりも200人くらい多いらしい
ちょっと気を抜いていたら
いつの間にかスタートしていた
[スタート~御嶽神社前(前半)]
最初の3kmはひらすら上り
基本的に上りは速歩き
しかしスタート10分で息があがる
すると後ろから
「水玉ジャージ着てるならもっと前に行かないと!!」
と声を掛けられる
見ると唐草模様の全身タイツを着た方だった
聞けば自転車乗りだから水玉ジャージの意味がわかるとのこと
でもキツくてペースが上げられない
”まだあと13kmもあるのに~”
と思っている間に
唐草タイツの方は前方彼方に消えていった
その後も上りが終わるのを待ちわびながら
約30分で最初の上りが終了
そこから大塚山へ
比較的平坦な道を走り
少し上って大塚山
そこからは待ちに待った下り
ガンガン飛ばして下りる
ここで何人かを抜くが
その直後の御岳神社への上りで
ガンガン抜かれる
すでに足がパンパン状態で後半戦に突入
[御岳神社前~ゴール(後半)]
神社前を左に折れて
後半がスタート
長尾平を通過し
岩石園に向けて下る
ここの下りは道が狭いが快適に走れる
一旦下って岩石園に少し上る
岩石園ではEastWindの佐藤浩巳さんが写真をとっていた
綾広の滝の前を通過し
いよいよ最後の難所
芥場峠への上り
”もう厳し~”と思いながら耐えて峠に到着
スタッフの方が
「トップと31分差」と言っていた
すでにスタート1時間を超えていたので
”トップはすでにゴールだなぁ”
鍋割山への上りも我慢で乗り越え
奥の院からの追い越し禁止の激下り
自分の前の選手は早稲田のラグビージャージ
”先週、早明戦を見に行ったなぁ”
早稲田ジャージを見ながら坂を下り
追い越し禁止ゾーンが終了
昨年はここで両足が攣った
今年は行けそうだ
”飛ばすぞー”と思いペースを上げた
その瞬間
またも両足を攣る
”まったく昨年と同じじゃないか!!”
昨年はここで歩いてしまい後悔したので
今年は我慢して走る
長尾平を通過し最後の階段
歩いて上っていたら
ここで再び唐草タイツの方が
「水玉ジャージ、走れぇ~!!」
言われるがままに
階段を駆け上がり
ゴール!!
時間は1時間49分20秒だった
[ゴール後]
レース後半からずっとゴール後の
アミノバリューを楽しみにしていたが
今年は配っていなかった。。。
その後、一緒に参加したメンバーを待つ
みんな続々と完走を果たした
みんなキツそうだったが満足顔だった
お風呂に入り
そばを食べて
閉会式を見て御岳山を後にした
帰りに立川でみんなで夕食を食べ解散
[所感]
今年は昨年に比べ気温が高く走りやすかった
しかし、明らかに練習不足だったため
10分近く遅いタイムだった
相変わらず下りで飛ばし上りでバテる
まったく進歩無し
もっと上りに強くなる練習をしなくては!!
とりあえず今年はこれでレースは全部終了
来年もたくさんのレースに参加したい
[行動食]
今回は無し
水分は給水地点のみ
[タイム]
スタート[0:00]
御岳山頂駅[0:30]
大塚山[0:39]
御岳神社前[0:50]
岩石園[1:01]
綾広の滝[1:05]
芥場峠[1:17]
鍋割山[1:27]
長尾平[1:46]
ゴール[1:50]

タイトルとURLをコピーしました