第13回ワーカーズマラソン 参戦記 + α

スポンサーリンク

今日は川崎の東扇島で開催された
「第13回ワーカーズマラソン」に
キヨシーズのヒロシと参加
<<大会前>>
約1ヶ月前に職場の回覧にこのマラソンの
申込用紙が付いていたので思わず申し込んでしまった
距離は10kmとお手ごろ(?)
でも開催3日前になっても参加証みたいなものが
手元に届いてなかったので不安になった
しかし、2日前に届いて一安心
<<当日スタート前>>
9:00に家の近くまでヒロシに迎えに来てもらい
車で東扇島を目指す
9:40に会場に到着したがすでに開会式は終了
受付を済ませコース図と参加賞をもらう
今日のコースは1周5kmのコースを2周する
東扇島は埋立地にある工場地帯なので
コースも直線的で曲がりはすべて直角
ストレートもひたすら長い
5kmのコースでカーブは曲がるのは6箇所だけ
スタート前にウォーミングアップで軽くグラウンドを2周
するとなんだか膝の内側に違和感が…
以前は膝の外側だったのに
今回は内側なのかぁ~!!
<<スタート~1周目>>
スタートが近づいたのでスタート地点に
出場選手が集められる
だいたい120人くらい
普通のマラソン大会としては小規模
でもスタッフが多い!!30人くらいいるのでは?
10:40に10kmの部のスタート
5kmのコースの1周目
人数が少ないので走り始めの渋滞は無し
気持ちよく走り出せる
不思議と走り始めるとさっきの膝の痛みはなかった
ヒロシは早々に前に行ってしまう
第1コーナーを曲がると約1.2kmのストレート
前がよく見える
ヒロシとは100mくらい差がある
2km付近で脇腹が痛くなってきた
「さっき飲んだヴァームが原因なのか?」
脇腹の痛みに耐えつつ走る
4km地点で痛みが治まる
<<2周目~ゴール>>
5km地点を通過したが
すでにバテバテ
まったくペースを考えていなかった
第1コーナーを曲がると
そこにはロングストレート
1.2km先の第2コーナーを見る
「あそこまで行くのかぁ」
気分が落ちてくる
ヒロシとは約40秒差
近くにいたおじさんをペースメーカーに設定
ここからゴール直前まで同行
7km地点を通過したとき再び脇腹痛
途中に1ヶ所ある折り返し地点前でヒロシとすれ違う
「約1分差だなぁ」
その折り返し地点を折り返す
最後のストレート1.7km
ペースメーカーのおじさんと抜きつ抜かれつの走り
ラスト1kmを通過
「よし、ここからラストスパートだ!!」
しかし。。。
「まてよ、ラストスパートかけて何人か抜いた後、
スパートがゴールまでもたなくて
逆に抜きかえされたら。。。」と
いらぬことを考えていた
するといつの間にかラスト500m
「もう、ラストスパート行くしかない!!」
ペースを上げる
ペースメーカーのおじさんを振り切る
「おじさん、ありがとう!!」(心の声)
そしてゴールのあるグラウンドへ
そこにはちょうど走り終えたヒロシが
最後の力を振り絞り
ゴ────────────ル!
今日は時計を忘れたので
すぐにヒロシにタイムを確認
43分30秒(ヒロシタイム)とのこと
ちなみにヒロシは42分30秒
<<ゴール後>>
ぞくぞくとゴールする選手を見る
それにしてもスタッフ多いなぁ
アットホーム感がある素晴らしい大会だと実感
また来年も参加したい
最終ランナーを拍手で迎えた後
マラソン会場を後にする
<<ゴール後その2>>
今日はこの後すぐに秩父宮ラグビー場に行かなくてはならない
ヒロシにお願いして川崎駅に連れて行ってもらう
渋谷で会社の同期の”ジーンズバイク野郎”と待ち合わせ
そのまま秩父宮ラグビー場
東芝府中(社会人1位) vs 早稲田大学(学生1位) の試合を観戦
初ラグビー観戦だったが非常によかった
結果的に早稲田大学は0点に抑えられたが
そのプレーに感動した
マラソン大会にラグビー観戦
非常に楽しい1日だった
来週は自転車ロングライド300kmに参加する

タイトルとURLをコピーしました