クリエイターの想い 北アドのコースはこうして作られた

クリエイターの想い 北アドのコースはこうして作られた

私は北アドというアドベンチャーレースのコースクリエイターをしている。2018年大会のコースはどんな想いで作ったのかを記す。

天気にも恵まれ、無事に終了した北アルプス山麓Adventure Games(通称、北アド)。
北アドのコース、当然何も考えずに自然発生したものではない。「コースクリエイターがどのような想いで作ったのか」、参加選手なら競技中少しは気になったことかもしれない。コースクリエイターを担当した私のコース作成およびCP設置についての想いを以下に箇条書きで示す。今後のアドベンチャーレースの何かに役立ててもらえれば嬉しい。

今年参加されてない方は、「こんなことを想いながらコースって作られてるんだなぁ」と思って軽く見て欲しい。良かったら、来年の北アドで待ってます!

DAY1

Stage1:カヤックリレー

  • 北アドの原点である青木湖でカヤック
  • ポイントはARJをオマージュ
  • CP101はARJの旧ブルーレイク前ではなく珈楽待前に変更

Stage2:マウンテンバイク

  • CP201~204のトレイルはみんなに楽しんでもらいたい核心部
  • CP201はトレイルへの誘導のために設置
  • CP202は一旦トレイルの節目の鞍部に設置
  • CP203の三角点は地図読みポイントとして設置
  • トレイルはポイントは少なめにしてトレイルを存分に楽しんでもらうプランもあったが、やはり地図読みも必要なのでCP203をあえて設置
  • 戻りは塩の道を使用
  • 小学校の裏のCP206も塩の道
  • CP210の水準点はちょっと意地悪ポイント、地図には正確に記載されている、これも北アド

Stage3:オリエンテーリング

  • 当初、CP305~307の設置は考えていなかった
  • 地図読みをしてもらいたかったのでCP305~307を設置

DAY2

Stage4:スイム&水物

  • ライジャケスイムは嫌う人も多いけど北アド名物
  • くじ運も必要な北アド
  • 見ていて楽しいのも北アド

Stage5:マウンテンバイク

  • やっぱり絶景の鷹狩山にCP504設置
  • せっかく上ったので楽しく下るためCP505を設置

Stage6:大町市街昔地図ロゲイニング

  • 大町市街ロゲイニングは過去何回か実施
  • いつもと違ったロゲイニングのため今回は昔地図(写真)を使用
  • バイパスなどの比較的新しい道が地図にないことに気づけるかどうか
  • 意外に細い路地はほとんど変わっていない

Stage7:マウンテンバイク(リエゾン)

  • 当初は、Stage7でゆ~ぷるゴールを考えていた
  • しかし、ほとんどアスファルトの平坦地で楽しくないなのでリエゾンに変更
  • 赤いラインの理由は大町の田園風景と雄大な山々を見ながら帰ることおよび安全性

最後に

  • 長野県の湖、山、街それぞれを2日間様々な種目で堪能できるのが北アド
  • パンチではなくすべて写真チェックにしたのは、選手のカメラに各チームの北アドが写真として残るためと、CP回収が減りスタッフが楽になるため
  • 2日目は晴れて良かった
  • しかし、暑かったのでとくに街ロゲは厳しかったかと
  • あと、今年の地図は例年よりも紙を少し厚手にした

 

北アドは毎年8月第4週土日開催となっている。