すべてが熱い!! コルシカ島アドベンチャーレース 1

すべてが熱い!! コルシカ島アドベンチャーレース 1

フランス・コルシカ島で毎年開催されているアドベンチャーレース「Corsica Raid Aventure」に参加しました。この記事はその参戦記です。今回は第1回、スタートまで。

Corsica Raid Aventureとは

Corsica Raid Aventureは地中海に浮かぶフランスの島、コルシカ島で毎年開催されているアドベンチャーレースです。レースは5日間、6つのステージで構成されています。基本的には毎日スタートとゴールがある、ステージ制レースです。期間中に1つ、夜間ステージがあります。
今回はコルシカ島の北東部の街から始まり、最終的にゴールは中西部の街でした。
各ステージの距離は以下の通りです。
ステージ1:70km
ステージ2:71km
ステージ3:28km
ステージ4:71km
ステージ5:42km
ステージ6:57km
合計:339km

念願のコルシカ島入り

羽田空港でアドベンチャーレース仲間の見送りを受け、AirFranceでパリ(シャルル・ド・ゴール空港)へ。パリで今回アシスタントをしていただくイチローさんと合流し、一路コルシカ島に向けて出発。コルシカ島着は19:00頃でしたが、まだまだ陽が高く明るい時間帯でした。
今回のたけぷーの装備品

ついにCorsica Raid Aventureにきた

バンガローでの食事

入念なブリーフィングと装備チェック

レーススタート前日は受付。受付を済ませた後、レースのキャプテンミーティングと装備チェックが同時に実施されます。私はキャプテンミーティングにイチローさんと参加、すべてがフランス語で進められるため、イチローさんにときどき翻訳してもらいながら最前列で聞いてました。98%聞き取れず。。。そんな、ブリーフィングは初日のコースについてじっくり2時間も行われました。「初日のコースだけで2時間!!」と辟易してしまいましたが、翌日からはすごく簡単なミーティングのみでした(笑)
一方、他のメンバーで装備チェックを実施。全員フランス語はできないので、スマホの翻訳等を利用して対応しました。装備チェックは、命に係わる装備に関してチェックされたとのことです。ロープの懸垂下降で使用するハーネスについては、「製造から10年以内」という規定があるようで、持ち込んだハーネスすべてが製造年数が証明できずNGに!!スタッフから借りてレースに参加することとなりました。それ以外のチェックはとくになかったとのこと。
ブリーフィング開始前風景

賑やかだけどサラッとしたウェルカムパーティー

夕方からウェルカムパーティー、選手・スタッフが集まってコルシカ島の地ビール「Pietra」を飲みながら立食スタイルで行われました。主催者の挨拶から始まり、チーム紹介が行われ、あっという間に選手解散。翌日からのレースに向けて各チーム、準備にかかりました。
ウェルカムパーティー