NISSAN X-TRAIL Adventure Race Japan in NAGANO 参戦記 その9(ゴール後)

NISSAN X-TRAIL Adventure Race Japan in NAGANO 参戦記 その9(ゴール後)

アドベンチャーレースの国際大会である「NISSAN X-TRAIL Adventure Race Japan in NAGANO」にチーム【風神雷神】として参加しました。結果は総合3位(日本人1位)。今回はその参戦記です。

ゴール後

しばらくの間は完走の余韻に浸っていた。そうしていると約20分後に【ふきのとう】がゴールに入ってきた。最初から最後まで競っていたチーム、【ふきのとう】がいたから我々も気を緩めることなくレースを進めてゴールすることができた。【ふきのとう】は今後何年間も日本のアドベンチャーレース界において常に上位に位置するチームになるだろう。
その後も、写真を撮ってもらったり、スタッフをしていたアドベンチャーレース仲間から祝福してもらったり、今回スタッフをしていたトレイルランナーの石川さんからチームのインタビューを受けたりと、最高の時間を過ごすことができた。

アドベンチャーレースはゴール後にもやるべきことがある。それは大量の装備品の片付け。でも今はそれよりも先に50時間の汗を流したい。スタート地点となったハイランドホテルにある天神の湯へ、汗と疲れを流しに向かった。温泉に浸かり、絶景の北アルプスを眺めながら久保田さん、おさむさんとレースでの様々な出来事を振り返った。久保田さん、おさむさんはそれぞれレース経験は20年以上だが、やはり今回の大会にかける思いとゴールの感動はすごかったようだ。

温泉でサッパリして、再びゴール地点に戻り、大量の装備品の片付けをする。その間も続々とゴールするチームがある。それぞれのチームが50時間以上レースをしていて、それぞれのメンバーにドラマがあった。片付けを終えて、表彰式。我々風神雷神は総合3位(日本人チーム1位)として表彰を受けた。

今回の風神雷神のチーム結成時の飲み会のとき、おさむさんが「大会に参加するからには勝とうぜ!」と言った。それからチームとしては約1ヶ月に1回、チーム練習をしてきた。その結果、海外トップチームには敵わなかったが、日本人1位になることができた。おさむさんの「勝とうぜ!」をチームとして実現し、目標を達成することができた。

参加された選手のみなさん、おつかれさまでした。
ARJという素晴らしい大会を開催していただいたスタッフの方々、ありがとうございました。